• ホーム
  • ミカルディスの効果・副作用、個人輸入の方法の紹介

ミカルディスの効果・副作用、個人輸入の方法の紹介

ミカルディスはアンジオテンシンII受容体拮抗薬に分類される高血圧の治療薬です。
アンジオテンシンは血圧を上げる作用のある物質ですが、ミカルディスはこの物質の働きを阻害し、血管を拡張することによって、血圧を下げる効果を持ちます。
高血圧の治療には生活習慣の改善が最も大切ですが、すぐに結果が出るわけではありません。
動脈硬化や心筋梗塞など、危険な合併症のリスクを下げるためには、ミカルディスのような治療薬が大きな役割を果たします。
血圧を下げる薬には、ほかにもACE阻害薬や利尿薬などがあります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、 空咳などの副作用が少ないという特徴があります。
そのため現在では、高血圧の治療に用いられることが多くなっています。
またミカルディスは効果の持続時間が長く、1日に1回服用すれば血圧をコントロールすることができます。
長く飲み続けても、副作用が比較的出にくいこともメリットのひとつです。
ミカルディスの副作用はほとんどありませんが、飲みはじめの時期にめまいやふらつきを感じることがあります。
これは血圧が下がりすぎるためで、次第に慣れてきますが、自動車や機械の運転をするときは注意してください。
また他の降圧剤と併用したときも、血圧が極度に低下し、息苦しくなったり手足がしびれたりすることがあります。
利尿剤と併用して効果を高める治療法もありますが、素人が判断せず医師の指導を受けたほうが良いでしょう。
そのほか腎臓病や糖尿病を治療中の方、妊娠中の方も、ミカルディスの使用には注意する必要があります。
尿が出にくくなったり、手足がむくんだりすることがあります。
また高カリウム血症や、肝障害といった副作用がまれに見られます。
もしも体に異常を感じたら、すぐに服用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。
また、ミカルディスは医療機関で処方を受けるほかに、個人輸入代行の通販サイトで購入するという方法があります。
通販サイトであれば海外メーカーから直接購入できるため、薬自体の価格も安くなりますし、初診料や診察費の節約にもなります。
さらに通院のための交通費や時間もかからないことから、仕事などで忙しい方や、少しでも価格を抑えたい方に人気があります。
インターネットで検索すれば、数多くの個人輸入代行業者を見つけることができ、どの業者を選んだらよいか迷うかもしれません。
同じ薬でも業者によって価格が異なるため、複数のサイトを比較するのもひとつの方法です。
より価格の安いジェネリックを取り扱っている業者もあります。
またまとめ買いすると割引になったり、独自のポイント制度を採用したりしている業者もあるので、サービスや使い勝手で業者を選ぶのも悪くありません。
ただしあまり名前を聞かない新興業者には注意してください。
全部が全部ではありませんが、ネット上には偽物の薬を販売したり、料金を受け取っても品物を発送しない悪質業者が存在します。
このような業者は定期的に名前を変えて、何度も同じことを繰り返すのが特徴です。
長い間同じ名前で営業を続け、販売実績を重ねている業者なら、まず信頼できると考えてよいでしょう。
顧客対応の悪い業者なら、すぐに淘汰されているはずだからです。
サイトに業者の所在地や責任者名が、きちんと記載されているかどうかもチェックポイントのひとつです。
個人輸入代行業者は海外に拠点を持っているのが普通で、それ自体は怪しいことではありません。
また薬の効果やメリットだけを掲載するのではなく、副作用や使用上の注意点についても、詳しく説明しているサイトを選びましょう。
分からないことがあれば、遠慮なく問い合わせてみるのもひとつの方法です。