• ホーム
  • 高血圧治療におすすめの断食法とよもぎ

高血圧治療におすすめの断食法とよもぎ

患者と話している医者

ノルバスクは高血圧や狭心症の治療に使われる薬で安全性が高いので、初期段階で処方されることの多い薬となっています。
高血圧に関してはほとんどの場合はメタボリックシンドロームが原因であるとされていて、よもぎエキスを飲むことで腸内から老廃物を排出したり、甲田光雄氏が提唱している断食や少食療法を行うことで体重を減少させるとノルバスクを服用しなくても高血圧を治療することができます。
甲田光雄氏が提唱していた断食療法は専門家の指導に基づいて行われるもので、現在人気になっているプチ断食などとは全く異なるものですが、効果を持続させることができるので、ノルバスクなどの薬を服用していた患者に対しても十分な効果があるとされています。
よもぎエキスは様々な症状に効果があるとされていて、飲むことによって免疫力を高めて発がんを予防することができるとされています。
またウイルスや細菌の増殖を抑制する作用が強いので切り傷の治療にも使用されていて、日本では古来より怪我や病気の治療に使用されています。
また胃腸の状態を正常にすることができるので、よもぎエキスと甲田光雄氏の断食療法を組み合わせることでより効果的に体重を減らすことができます。
ノルバスクは中高年の生活習慣病の患者に処方されることが多い薬ですが、高血圧は一般的に軽い有酸素運動などによって改善することが望ましいとされているので、食事制限や運動などによって、正常値に戻す努力をしなければなりません。
ノルバスクに関しては非常に安全性が高いとされていて、副作用としては低血圧による症状しかないので、安心して服用することができます。
インターネットでの購入の場合には使用上の注意をしっかりと読むことが大切です。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索